SITI MUHARAM / ROMANCE REVOLUTION-SITI OF UNGUJA (LP)
5f34dab3d3f1673758d06161

SITI MUHARAM / ROMANCE REVOLUTION-SITI OF UNGUJA (LP)

残り1点

¥3,000 税込

送料についてはこちら

赤道の南6度に位置し、東アフリカの海岸から30マイル離れたインド洋に浮かぶザンジバル諸島。スパイス、伝統的なダウ船、そしてスワヒリ文化の商取引の首都としても知られている。そんなザンジバルの近代史は、シティ・ビティ・サード Siti binti Saad という一人のアーティストの生涯とその遺産を通じて生き生きと描くことができる。1890 年にザンジバル最大の島であるウングジャの小さな漁村フンバで生まれた彼女は、ザンジバルにおける最初のレコーディング歌手となり、スワヒリ語圏で何万枚ものレコードが販売されたのだという。 今回 ON THE CORNER がリリースするシティ・ムハラムはそのひ孫娘。時代を超えた詩・情熱を圧倒的な歌声とともに伝えるその姿は、名実ともに曽祖母の正統なる後継者と言うべきだろう。一方で東アフリカ音楽にも造詣の深い SOUND THREAD 主宰のサム・ジョーンズが関わることで、伝統のエッセンスを残しつつも現代的な音作りがなされているのも本作の特徴だ。ザンジバルのストリートで生まれたパーカッシブなキドゥンバク・スタイルを復活させシティ・ビティ・サードに敬意を称しつつも、弦楽セクションの密集を緩和させることにより、聴く者の意識がムハラムの魅力的な歌声により集中できるように工夫されているほか、ラストの "Alaminadura" などはパーカッションにエフェクトを加えることで、まるでウィリアム・オニーバーのようなサイケデリックな効果がもたらされている。 黄金の歌声と称されるムハラムの歌声、伝統的な声・弦・打楽器によるスリル溢れるオーケストラ・アンサンブル、そしてターラブの隠れた魅力にスポットをあてるクラブ系レーベルならではの増幅・加工された低音やパーカッション。フランス BUDA による人気シリーズ「ZANZIBARA」によって、ここ日本でも根強い人気を誇るターラブの魅力を「広く深く」伝えてくれる待望の作品だ。 http://sitimuharam.bandcamp.com/album/siti-of-unguja-romance-revolution-on-zanzibar