OSAMU SATO 佐藤理 / TRANSFORMED COLLECTION (2LP)
5f880cac94f3ae2168c8104b

OSAMU SATO 佐藤理 / TRANSFORMED COLLECTION (2LP)

残り1点

¥6,380 税込

送料についてはこちら

ゲームクリエーター、グラフィックアーティストと多彩に活動するOSAMU SATO(佐藤理)のニューアルバムが登場。 90年代に『東脳』『LSD』などゲーム作品を発表し、そのサウンドトラックも含め音楽作品もネットの成熟とともに世界中で再評価されここ3年間でアルバム4作品が海外で発売されるなど日本発の最重要アーティスト。 今回のアルバムは90年代から現在までに作曲された楽曲をトランスフォーム、新たな解釈でアレンジ、リワークされ録音されています。その選曲は、ファンに人気の高い『東脳」「中天」『LSD』などゲームのサントラ、そして初出の『ROLLY POLYS』などの未発表曲をはじめ、今回このアルバムのために録音された新曲を含む全14曲。 ゲストミュージシャンにはゴンドウトモヒコ(ホーン)、沖山優司(ベース)、菅原弘明(ギター)、成田忍(ギター)、徳澤青弦(チェロ)が参加、この作品は、ある意味アーティスト佐藤理(OSAMU SATO)の現在のベスト盤ともいえる内容である。 アナログ盤のジャケットデザインはグラフィックアーティストでもある佐藤理(OSAMU SATO)自身によるもので、カバーはもちろん。内側の見開き、インナースリーブにも本作のためのオリジナルアートピースを使用、合わせて盤自体もカラーヴァイナルで製作の超豪華版仕様、コレクターズアイテムになること必至である。 (CD版は佐藤理本人によるリネンレコーズ(ウルトラヴァイヴ)より同時発売) (収録曲) A ●A1 AURAL LOVE / NEW AGED MIX Cello by Seigen Tokuzawa「COLLECTED AMBIENT GROOVES 」収録曲の別テイク新ミックス。チェロには徳澤青弦が参加 ●A2 TRANSMIGRATION / GENTLY MIX Flugelhorn and Euphonium by Tomohiko Gondo ,Guitar by Hiroaki Sugawara PC ゲーム『東脳』エンディングテーマ(ソニー時代のアルバム「TRANSMIGRATION」の収録曲)フリューゲルホルンにゴンドウトモヒコ、ギターに菅原弘明を迎え新録音 ●A3 IN LIMBO, THE SILENT DREAM(LSD) プレイステーション『LSD』ゲーム中に使用された曲のフルレングス新ミックス B ●B1 GENETIC (RECOMBINATION) SCALE アルバム「EQUAL」収録曲から派生した新曲邦訳すると「遺伝子(組み替え)の旋律」 ●B2 DOWN TO EARTH プレイステーション『LSD』制作時の未発表曲の新ミックス。 ●B3 TOKYO PLANET / VIDEO GAME MIX プレイステーション「東京惑星・プラネトキオ」のテーマ曲の新アレンジ。 ●B4 THE EARTH IS ROUND / LITTLE LIAR MIX アルバム「TRANSMIGRATION」の収録曲を新アレンジでレコーディング。 C ●C1 CHU-TENG / ESOTERIC MIX Euphonium by Tomohiko Gondo ,Guitar by Hiroaki Sugawara, Guitar(E-bow) by Shinobu Narita ,Fretless Bass by Yuji Okiyama PC ゲーム「中天」テーマの新アレンジ。ユーフォニアムにゴンドウトモヒコ、フレットレッスベースに沖山優司、ギターに菅原弘明、成田忍を迎え新録音 ●C2 TMC / PLEASANT MIX「ALL THINGS MUST BE EQUAL」(808MONO EDITION・モノラル録音) カセットのみの収録曲をステレオバージョン新たなミックスで! ●C3 FIGHT IN THE HEADROOM プレイステーション『LSD』制作時の未発表曲の新ミックス。 D ●D1 EASTERN MIND / SELF CONTROL MIX PC ゲーム『東脳』メインテーマを大幅に新アレンジ。 ●D2 DONE 今回のアルバムのために新たに録音された新曲。 ●D3 BANATEN (from ROLLY POLYS) エデュテイメントソフト『ROLLY POLYS』からキャラクター「BANATEN」テーマ曲 ●D4_EXTRA SUNRISE このアルバムのための新曲アンビエントトラック All Music Composed, Produced & Mixed by Osamu Sato