DON CHERRY / Summer House Sessions (LP)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

DON CHERRY / Summer House Sessions (LP)

残り2点

¥4,200 税込

送料についてはこちら

★1968年、ドン・チェリーはすでに前衛音楽の代表的な声の一人としての地位を確立していました。オーネット・コールマンのクラシック・カルテットのメンバーとしてフリー・ジャズの先駆者となり、ジョン・コルトレーンとの共演で注目を集めたこの世界的なジャズ・トランペッターは、パートナーのモキと娘のネネとともにスウェーデンに移住しました。 ★そこで彼はスウェーデンの音楽家たちを集め、1968年2月から4月にかけてABF(労働者教育協会)で毎週ワークショップを開催し、呼吸法、ドローン、トルコのリズム、倍音、静寂、自然な声、インドの音階など、即興演奏の拡張レッスンを行いました。その夏、サックス奏者でありレコーディングエンジニアでもあるゲラン・フリース、後にドン・チェリーの代表作『Organic Music Society』と『Eternal Now』のLPを録音したGöran Freesが、ドンと彼の2つのバンドのメンバー、トルコ人のドラマーをストックホルム郊外にある彼の「SUMMER HOUSE」に招待し、数ヶ月間のワークショップを実践するための一連のリハーサルとジャムセッションを行いました。 ★そのセッションのテープと、リリースを目的としたプロのミックステープが、最近スウェーデンのジャズ・アーカイブの保管庫で発見され、失われたサマーハウス・セッションが録音から50年以上を経てようやく入手できるようになりました。 ★7月20日、「夏の家」に集まった共通言語を持たない彼らは、音楽を共通のコミュニケーション手段としていました。この熱狂的で自由奔放なセッションは、ドンがより明確に汎民族的な表現をするようになるのを予感させるものであり、エポックな『エターナル・リズム』に4ヶ月先行して行われました。 ★アメリカ、フランス、スウェーデン、トルコのミュージシャンで構成されたこのオクテットは、ドンが世界中の音を聴いていた短波ラジオにインスパイアされたコンセプトである "コラージュ・ミュージック "を追求するための手段となり、コラージュ音楽のメタファーを用いてメロディー、音、リズムを様々なムードと変化する形態の詩的な組曲へと変容させました。 ★スウェーデンのジャズ・アーカイブでは、同じ日に録音された他の数多くの録音が発見されています。ハイライトのいくつかは、このアルバムのCDのボーナス・マテリアルとして聴くことができます。このオクテットには、スウェーデンのフリー・ジャズ・オーケストラG.L.Unitを率いてアルバム『Orangutang!』を制作したプロデューサー兼サックス奏者のグンナー・リンドクヴィストと、1962年にアルバート・アイラーとレコーディングしたドラマーのスンエ・シュパンベルク(Sune Spångberg)が参加しています。ボーナスCDには、リンドクヴィスト、トミー・コヴェールハルト、スンエ・シュパンベルクらスウェーデン人5名が参加、ジャック・トロをフィーチャーしたドン・チェリー不参加のトラックも収録されています。 ■Don Cherry(tp) Bernt Rosengren(ts,fl) Tommy Koverhult(ts) Leif Wennerstrom(ds) Torbjorn Hultcrantz(b) Jacques Thollot(ds) Kent Carter(b) Bülent Ates(ds,per) Gunnar Lindqvist(reeds) Sune Spångberg(ds) https://blankformseditions.bandcamp.com/album/the-summer-house-sessions