{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

EMAHOY TSEGUE-MARIAM GUEBRU / EMAHOY TSEGUE-MARIAM GUEBRU (LP)

¥3,700 税込

送料についてはこちら

エチオピア meets サティ!? エチオピア人女流ピアニストのレア音源をまとめたMISSISSIPPIの人気コンピLP第2弾!! エチオピア音楽を世界 に広めた名シリーズ「エチオピーク」諸作の中でもとりわけ異色と言われた彼女のスタイルはアフリカの教会音楽にエリック・サティをはじめとする西 洋クラシックの要素を加えたもの。アンビエントともポスト・クラシカルとも言える一方で、エチオピア特有のオリエンタリズムが充満したメロディが同 居するそのスタイルは唯一無二です! 1923年、首都アディス・アベバで生まれ。かなり裕福な家庭で育ったようで、6歳から10歳までの数年間をスイスへ留学しています。そこで、 西洋音楽や楽器を学び、帰国後、第二次エチオピア戦争を経験し、彼女と家族は捕虜としてイタリアへ。戦争が終わり、19歳でシスターへの 道を選びました。修道院ではエチオピアの宗教音楽、伝統音楽を習得し、スイス留学時に習得した西洋音楽をベースにこれまで聴いたことの ない旋律とチルアウトなサウンドを聴かせてくれます。彼女は当時レコードもリリースしていますが、それは貧しい子どもたちに少しでもマシな食事 をさせるためだったといいます。音楽でエチオピアを切り開こうとしたマザー・テレサのような人間性も素晴らしいアーティストです。そんな彼女です が1970年代以降のエチオピアの政治的混乱の最中、ついに1984年にエルサレムへ移住。 https://youtu.be/80_ydUz6CI0