{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

V.A. / BIE RECORDS MEETS SHIKA SHIKA (LP)RED VINYL

4,000円

送料についてはこちら

思いもよらず、しかし明確に繋がれたアジアとラテンアメリカ。レフトフィールドでありながら強力な意思と磁場を携えたエレクトリック・ミュージックの最前線と希望。 MUSIC FROM MEMORY など世界的に注目を浴びる YU SU 『Yellow River Blue』リリースを筆頭に、パンデミック以降の中国において急速・怒涛の発展を遂げるアンダーグラウンド・クラブミュージック・シーンを象徴するレーベル bié Records と、中南米音楽の伝統とモダンなダンスフロア・マインドを融合した新しいフォルクローレ・スタイルを打ち出しシーンをリードしてきた当店お馴染みのエル・ブオ主宰 Shika Shika。なんと今作はこの2つのレーベルが手を組み、互いのアーティストがリミックスし合うというサプライズな内容。対照的な文化と数千キロの距離を隔てながらも、共通の価値観と音楽的ビジョンによって結実した歴史的コンピレーションが誕生した。 まず耳を奪われるのは1曲目『Sun Dawei - Fú Xiǎo (DJ Raff Remix)』。中国の電子音楽家 Sun Dawei は2022年にbié Recordsよりリリースした『後 Hòu』でアブストラクトなディープ・テクノ/アシッドなダウンテンポを表現し、ここ日本でも一部で熱狂的な話題を生んだが、今回そのアルバムのリードトラック「拂曉 Fú Xiǎo」をリミックスしたのは、チリ・サンチアゴ出身で現在はヨーロッパで活躍する南米産クラブミュージックシーンを渡り歩く鬼才、DJ Raff。原曲の幽遠さを、新たに配置したスネアの音で更なる異世界へと誘う奇跡のトラックだ。 M6エル・ブオ「Camino de Flores」のリミックスを手掛けるのは坂本龍一からリスペクトされ『A Tribute to Ryuichi Sakamoto - To the Moon and Back』にも参加した林強 Lim Giong。かつては俳優/歌手としてデビューし1stアルバムが40万枚以上のセールスを記録した台湾音楽界のレジェンドだが、巨匠ホウ・シャオシェン 侯孝賢らの映画音楽を担う電子音楽家としての道へ舵を振り切ってからは、正統にして異端の境地へ進み続けている。近年は儒教、仏教、道教を研究している彼の、その思想に基づき再編纂されるアジアン・アンビエントの説得力は世界トップクラスといえる。 そしてエル・ブオがリミックスしたM3、DaYeの「Jì」。原曲の「Dì 地」はDaYe 大叶による、ピアノの旋律が美しい、ネオ・クラシカルな風情をも醸し出すエクスペリメンタル・中華アンビエントだが、そこへエル・ブオは大胆なビートメイクを加えており、彼の得意とするフォルクローレ×モダンなダンスフロア・マインドが爆発する名曲に仕上げている。 https://shikashika.bandcamp.com/album/bi-records-meets-shika-shika

セール中のアイテム