{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

ANTONIO LOUREIRO / Só / ソー (完全限定生産LP)

残り1点

4,950円

送料についてはこちら

11/22発売 ※他商品と注文された場合、発売日に合わせて発送いたします。 「ミナス新世代」を代表するブラジルの作編曲家/マルチ器楽奏者=アントニオ・ロウレイロのマスターピース『Só』が、発表から10年の時を経て、待望のレコード・リリース! 「ミナス新世代」という言葉すら生み出した衝撃的な1stアルバム『Antonio Loureiro』(2010) から約2年、その音楽性をさらに発展させたのが2ndアルバムにあたる、この『Só』(2012) だ。ブラジル音楽はもちろん、ジャズやプログレッシブ・ロックなどロウレイロ自身が影響を受けてきた多種多様な音楽が、これまでにないかたちで混在。国内盤CD (NRT/NKCD-1004) のオフィシャル・レビューでは「野生とインテリジェンスの不可思議な同居、<ソング>と<インストゥルメンタル>の間に広がる、都市の音楽。ミナスの静寂を漂わせる歌、コンテンポラリー・ジャズの現代的タッチ、エレクトリックマイルスのカオスまで飲み込む若き才能」と評された。本作のリリースが日本に与えたインパクトは大きく、世代や音楽ジャンルを超えて多くのリスナーを魅了。のちに『IN TOKYO』(NRT/NKCD-1010) としてCD化された芳垣安洋(ds)、鈴木正人(b)、佐藤芳明(accordion)とのセッション・ライブをはじめ、くるりの主宰する『京都音楽博覧会』への出演、ロウレイロのファンを公言する長谷川白紙との共演など、度重なる来日公演によって着実にファンを増やしている。 そんな2010年代を代表するブラジル音楽の名盤『Só』が、このたびロウレイロ本人たっての希望により初レコード化。曲順も自身で再考し、歌モノをメインにしたSIDE-A、インストゥルメンタル・ミュージックに焦点をあてたSIDE-Bと、CDや配信とはまた違う印象を与えるものになっている。ブラジルの異才が生み出した稀代の名盤を、レコード・フォーマットで改めて堪能いただきたい。 *武田吉晴によるレコード用新規マスタリング *A式TIP-ONジャケット *日本プレス *完全限定生産品 *Officially licensed by Antonio Loureiro ■Guests Andrés Beeuwsaert, Alexandre Andrés, Daniel Santiago, Fabio Barros, Frederico Heliodoro, Luana Saggioro, Makely Ka, Rafael Martini, Santiago Segret, Sergio Krakowski, Siba, Tatiana Parra, Thiago Amud, Thiago França, Trigo Santana https://antonioloureiromusic.bandcamp.com/album/s

セール中のアイテム