{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

MALEEM MAHMOUD GHANIA & PHAROAH SANDERS / THE TRANCE OF SEVEN COLORS (2LP) (Gnawa,FreeJazz)

残り2点

4,800円

送料についてはこちら

1994年にビル・ラズウェルのプロデュースにより生み出されたグナワ×ファラオ・サンダースの異色作品が初のヴァイナル化! モロッコのディープなトランス音楽「グナワ」。鉄のカスタネット「カルカベ」が繰り出すつんのめるようなハチロクのビートと、ボディが皮張りの低音弦楽器「ゲンブリ」、そしてガニアと女性コーラスによるコール・アンド・レスポンスの応酬により聴くものをトランス状態に導く音楽で、今でもグナワによって悪い精霊を取り払うといったことが実際に行われている。その呪術性の高さゆえ、ジミ・ヘンドリックスやレッド・ツェッペリンも影響を受けたのだとか。そんなグナワとファラオ・サンダースという組み合わせを実現したのが、ジャンルレスな活躍で知られるビル・ラズウェルというのはさもありなんといったところだろう。録音は1994年の6月、グナワの聖地ともいえるモロッコのエッサウィラで行われた。グナワの代表的な演奏家とされるマーレム・マハムード・ガニア率いる、まさにネイキッドなグナワのパーティーと、ファラオのフリーキーなテナーの相性は抜群。90年代に生み出された最も重要なグナワ・アルバムであるだけでなく、ワールド×ジャズのもっともエキサイティングなセッションのといえるだろう。 https://billlaswell.net/album/the-trance-of-seven-colors

セール中のアイテム